エアスプリング「AIRMAX」の選び方

How to choice

AIRMAXを選ぶときのポイント

必要とされるストローク(使用推奨高さ)

AIRMAXを取り付ける際には設置場所(リーフサスペンションの上)の大きさにご注意ください。
各商品の最大外径・使用推奨の高さが既存の部品に干渉しないスペースが必要です。

必要とされるストローク(使用推奨高さ)

エアースプリングの種類

ベローズバッグとスリーブバッグでは、耐荷重や設置スペースに差があります。
取り付けたい車体によってアイテムをお選びください。

ベローズバッグ

ベローズバッグ

スリーブバッグ

スリーブバッグ

取り付けたいトラックの積載量

現在使用されているトラックの積載量に近い耐荷重になるようにエアスプリングをお選びください。
また余裕をもった耐荷重のエアスプリングを選ぶと、より乗り心地が良くなります。

例:積載量1.4tのトラックの場合

耐荷重1100kg×2個

これより小さい耐荷重のエアスプリングは
取り付けられますが、おすすめしません。

耐荷重1350kg×2個

スペックが高いと
より乗り心地がアップします。

一般的な小型トラック積載量から、おすすめ商品を分類しました

積載量 2.4tまで ベローズバッグ2600
積載量 1.4tまで ベローズバッグ2300ベローズバッグ2500
積載量 1.2tまで スリーブバッグ0002スリーブバッグ0003

他にもリーフサスやブロックを増設するなどして、
積載に合う・より乗り心地をよくするといった取り付け方の工夫ができます。
「どんな車種に取り付けできるか」「自分のトラックにはどれが一番いいのか」など、
お気軽にお問い合わせください。

取り付け例

「三菱ふそう キャンター」3tのトラックに
「AIRMAX/AS05-2600(ベローズバッグタイプ)」を取り付けたところです。

取り付け例